小顔に見せるためのメイク道具はどういうものが必要?種類は?

 

このページでは「小顔に見せるためのメイク道具」と、「小顔にみせるためのメイク方法」を紹介します。

 

 

まずは、小顔に見せるメイク方法の「シェーディング」と「ハイライト」から。

 

 

小顔に見せるには「シェーディング」と「ハイライト」というメイク方法をほどこすのが効果的です。

 

シェーディングとは顔の凹凸の影になっている部位を塗ることによって、より影の部位を強調させるメイク法です。

 

シェーディングをほどこすことにより、顔の凹凸の影の部位がくっきりとして立体感が出ます。

 

それにより顔が引き締まり小顔に見せる効果が出るのです。

 

 

ハイライトとは、シェーディングとは逆に顔の凹凸の影になっていない明るい部位、または明るくしたい部位に塗ることによって、塗られた部位を明るくツヤを出す効果があるメイク法です。

 

シェーディングをした後にさらにハイライトで明るくすることによって、顔にメリハリが出て立体感を出すことができます。

 

シェーディングの効果をより際立たせるサポートの役割をするのがハイライトなのです。

 

 

 

このふたつのメイクをするために必要なメイク道具の種類は、シェーディングとハイライトのパレット、それを顔に塗るブラシです。

 

ブラシは顔の部位によって使い分けるためサイズは大・小と用意しましょう。

 

シェーディングとハイライトは肌に塗る際により効果的なパウダータイプを、色はご自分の肌の色より2トーンほど暗い・明るいものを使用しましょう。

 

シェーディングのメイクは、フェイスラインや髪の生え際は大きいブラシで、鼻筋の脇やあごのくぼみには小さめのブラシで、力を入れずに優しくなでるようにシェーディングを入れるようにしましょう。

 

ハイライトは顔の高い部位に入れます。顔の眉の上から鼻筋までのTゾーンと言われる部位、目尻の横、あご先の部位に小さめのブラシで軽く塗ります。

 

あまり塗りすぎるとツヤが出すぎてしまうので注意です。

 

さらにアイブロウやリップメイクもシェーディングに合わせると、より顔にメリハリが出て小顔に見せることができます。やわらかいタイプのアイブロウペンシルで眉を長くやや太めに描き、リップメイクは明るい色の口紅を使いましょう。

 

シェーディングとハイライトはセットになったパレットも販売しています。

 

便利なのでおすすめです。


女優の杉本彩さんが開発した
究極の美顔器が誕生!
たるんだ顔を引き上げるリフトアップ効果
パワーアップしました!小顔へと引締める!
↓↓詳細はこちら↓↓